目指せ!TOIEC高得点!徹底的に勉強できるスクールランキング

Home > TOEIC情報 > スクールは最新の問題パターンの分析力がある

スクールは最新の問題パターンの分析力がある

 TOEICといえば、英語能力を判定するための世界的な試験です。試験といっても合格か不合格化が出るわけではなく、スコアで表示されます。ですから、受けた人すべてにスコアが提示されます。
 受検者は、できるだけ高いスコアを目指して勉強をします。会社での評価であったり、転職時、さらには留学をするときなどには高いスコアが必要になる場合があります。スクールと自己流勉強の差としては、情報があります。自己流で勉強するとき、現在出版されている本などを使います。今販売されている本なので、実際に編集などがされたのはそれ以前になります。そのあとその資料で勉強をするので、そこに書かれている情報より後の情報は利用できません。
 スクールの場合、一応テキストはあります。
 でも、その都度新しい情報があればそれを生徒に提供してくれます。最新の分析などを行って、より点数が取れるよう指導してくれます。


 スクールでは、講師が在籍しています。それぞれのスクールで講師の質は異なります。英会話のコースもあるところならネイティブが講師を務めているところもあります。TOEICの受験を専門的に行っている場合は、日本人も多くいます。それらの人は、TOEICで実際に高得点を取った人などです。どんな出題がされて、どのように答えたらよいかを知り尽くしています。教わるだけでなく、質問なども行えます。
 一人で勉強をしていると、疑問に感じてからそれがわかるまで非常に時間がかかります。わかることはいいことですが、時間のロスが大きくなります。スクールならすぐに解決できるので、どんどん新しいことを覚えていけます。よりたくさんのことがわかるので、点数アップにもつながります。


 スクールの良さは、自分の実力に合った勉強が行えることです。初めて受験しようとするとき、自分がどれくらいの実力なのかわかりません。難しすぎる内容で勉強すれば、なかなか知識が入りません。簡単すぎる内容だと無駄が多くなります。それぞれの実力に応じた勉強なら、足りない部分を効果的に補うことが出来ます。
 スクールの場合、定期的に実力をチェックします。おおよそのレベルがわかるので、500点クラスなら600点を目指せる勉強をします。700点クラスなら800点を目指すなどが可能です。最初にあるクラスに入ったとしても、実力がアップすれば上のクラスなどに行くことが出来ます。これもスクールだから行えることでしょう。独学だと、初級、中級、上級ぐらいしかテキストの差がなく、細かく実力アップすることが難しくなります。

次の記事へ